引越しの際に必要な手続きについて、重要なものから慌ただしくしていると忘れがちなものまでまとめました。

引越しで行なう手続き

引越しで行なう手続き

引越しの際の手続きについて

引越しに必要な手続きは様々なものがあります。
まずは転出届です。

現在住んでいる市町村役場で手続きを行い「転出証明書」を発行してもらいます。
引越し後、引越し先の市町村役場で転入届の手続きをするときに、この転出証明書が必要になります。
引越し先が同一市区町村内の場合は、この転出届の手続は必要なく、引越し後に「転居届」を提出する手続きとなります。
転出届けけは引越しの1?2週間前までに終わらせておけば安心です。

また、引越しが決まった時点で、大家さんまたは管理している不動産業者に「賃貸物件の解約通知(解約手続き)」を行わなければなりません。一般的に、退出時の一ヶ月前には口頭または書類によって伝えることが必要になってきます。

次に、電力、水道、ガスの手続きです。

それぞれの会社に1?2週間前までに電力会社に連絡します。
そして、郵便局への転居届です。

郵便局で転居届の手続きをします。
引越しの1?2週間前に手続きを行うことがリソウです。

これが遅くなると転居先に郵便物が届かないこともあります。
インターネットプロバイダの引越手続きです。

2?4週間前には各プロバイダーに連絡し手続きをしておくことが理想です。

NHKの引越しの手続きやスカパーの手続きも忘れずに行うことが大切です。

また、子どもがいる場合は、転校手続きも必要になってきます。
引越しが決まったら早めに担任の先生に伝えるようにします。
そして、引越し会社の引越し料金もさまざまです。

それぞれの会社に問い合わせて料金を確認することも大切です。

Copyright 2017 引越しで行なう手続き All Rights Reserved.