引越しを頼む運送会社の手配をして、荷造りなども行う必要があります。さらに役所間得¥系の手続きも必要です。

引越しで行なう手続き

引越しで行なう手続き

引越しの手続きは大変です。

一端引越してしまうと、前の所にまで戻って、手続きを行うのは大変です。

これから引越しをしようとする先の手続きは言ってから良いですが、これまでの所の手続きを終えておく必要があります。
電話、電気、ガス、水道、さらには市役所への住民票の移動や郵便局への配達の依頼など、考えただけでも手続きを行う必要があるのは相当の数に上ります。
このうち実際にいかな蹴れbならないのは、役所と郵便局ぐらいで、後はネットで移動の手続きが行えます。
電力会社やガス会社のホームページを見れば詳しく載っているので、それを参考にすれば良いでしょう。意外と忘れやすいのは、郵便局の移転届けです。

これをやっておかない問い詰めでも前の住所に届く形になります。
市役所は住民課へ行けば用事は終わるはずです。

住民課へ出かけ、転出届けを記入しなけられば成りません。転出届を出し、転出証明書が無ければ、次の引っ越し先へ転入届を出すことが出来ないので、次の住所が分かれば早めに出しておくのが良いと思います。
また、郵便局への届け出にも転出届が必要となります。
これ以外では学校関係の届け出も必要です。

転校届けがお子さんが学生の場合は必要となります。
公立か私立かでも書類が異なるので、直接確認するのが良いでしょう。役所関係では印鑑登録や国民健康保険の返却や移動の新星などが必要です。

この辺りは転出届けを出すときに何が必要か利いておくことです。

とにかく引越し一つをとっても、各種手続きが必要なので、気をつけることです。

関連リンク

Copyright 2017 引越しで行なう手続き All Rights Reserved.